8月30日(金)18時半~20時、東京大学農学部フードサイエンス棟中島記念ホールで
「防げ サプリメントによるドーピング! 2020東京オリパラに向けた最重要課題」と題した
勉強会を行います。
 スポーツ選手の大半はパフォーマンスの向上を狙って、サプリメントを摂取しながら、
運動能力の強化や栄養管理に努めていますが、そのサプリメントの中に禁止物質が混じっていれば、
ドーピング(運動能力を高めるために薬物を使うこと)とみなされ、選手生命を絶たれます。
今後、五輪が近づくにつれて、この問題はますます関心を高めることが予想されます。
安全なサプリメントとはどういうものか、安全性を保証する認証制度の仕組みはどうなっているか。
スポーツ栄養学とはどんなものか。これらの問題は一般の人にも通じる重要な問題です。
 国際的なアンチ・ドーピング認証「インフォームドチョイス」を日本に初めて導入した
「ドーム」執行役員の青柳清治氏(イリノイ大学大学院で栄養学博士)を講師に迎え、
アンチドーピングの基本知識を学びます。日本のサプリメントの認証制度を知る機会にもなります。
ぜひご参加ください。


《開催概要》———————————————————

日 時
8月30日(金)18時半~20時
会 場
東京大学農学部フードサイエンス棟中島董一郎記念ホール(文京区弥生1-1)
    (最寄り駅は東京メトロ南北線東大前駅)
キャンパスマップ⇒http://www.agc.a.u-tokyo.ac.jp/pdf/yayoi_map.pdf
テーマ
「防げ サプリメントによるドーピング! 
2020東京オリパラに向けた最重要課題」
講 師
青柳清治・ドーム執行役員
コーディネーター:小島正美(食生活ジャーナリストの会代表)

参加費
一般2000円 学生500円(JFJ会員は無料)
定 員
70名
申込み方法
8月29日までに下記フォームからお申込みください。(当日参加も可能)
https://forms.gle/bjrJVKyw1zVFCB5R9
※なお、WEB入力に不具合がある場合は、お手数ですが、
 JFJ事務局にメールでお申込みください。
お問い合わせ
JFJ事務局
電話&FAX:042-554-3887
jfj-shoku@t-net.ne.jp