現幹事

小島正美(代表幹事:統括)

ジャーナリスト(元毎日新聞社編集委員)
メディアチェック「食品安全情報ネットワーク」共同代表

「食生活ジャーナリストの会」の代表幹事を務めて4年目に入りました。会員のみなさまのお陰で「食の十大ニュース」「食生活ジャーナリスト大賞」も軌道に乗ってきました。これからは会員の人たちに会員のメリットをもっと感じていただくよう、有用な情報をどんどん発信していきたいと考えています。と同時に「食生活ジャーナリストの会」をひとつのメディア媒体として認知されるよう社会的な認知度を上げる活動にも力を入れていきます。

小島正美 顔写真

小山伸二(副代表幹事:シンポジウム、広報・情報活性化担当)

辻調理師専門学校 企画部 メディアプロデューサー

幹事として4年目!を迎えました。今年度は、シンポジウム担当のほか、新設された広報・情報活性化を担当します。JFJの活動にひとりでも多くの会員の皆さんに主体的にかかわっていただける仕掛け、仕組みを作っていきたいと思っています。西日本支部の勉強会など活動の活性化に組んでいきます。
今年度、立教大学の観光学部兼任講師に就任。辻調理師専門学校の寄付講座「ガストロノミーと観光」を担当します。学生たちにもJFJを大いに宣伝していきます。

小山伸二 顔写真

監物南美(副代表幹事:会計担当)

女子栄養大学出版部「栄養と料理」編集委員

『栄養と料理』という月刊誌の編集長を6年勤めました。今も編集委員として雑誌に携わるほか、書籍編集ほか様々な形で食と健康の情報発信にとり組んでいます。JFJ幹事は2年目です。今年はわりと、”参加しないと損” と思う会になるはずです。ご協力のほど、よろしくお願いいたします!

監物 顔写真

道盛法子(幹事:広報・情報活性化、シンポジウム担当)

管理栄養士

引き続き幹事を務めさせていただくことになりました。幹事になって3年目となる今年度は、新設された広報・情報活性化担当となりました。微力ながら、これまでの2年間の幹事経験と皆さんから教わってきたことを主体的な行動に転換し、なにか貢献できる3年目にしたいと思います。
皆さん、一緒にJFJを盛り上げていきましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

道盛法子 顔写真

大久保朱夏(幹事:総会担当)

フードライター・食のクリエイター

昨年度に引き続き今年度も幹事を務めることになりました。JFJのモットーは「志は高く、活動は楽しく」です。ホームページに書いてあるシンプルな言葉に改めて共感しました。昨年の経験を生かしながら、知恵を出し合ってJFJを盛り上げていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
ブログたべる、つくる、はしるhttp://shukas.exblog.jp/
久松農園VegeRecipin http://vegerecipin.com/

="大久保

田尻 泉(幹事:シンポジウム・食生活ジャーナリスト大賞担当)

PRコーディネーター、IDGE(子どものための味覚教育研究会)代表

食と健康、食文化交流、味覚教育をテーマに活動しています。
幹事2年目となる今年は、昨年の経験をいかして食の世界をさらに広げられるよう、より楽しく、面白く、視野が広がる勉強会や皆さんの関心に応えるシンポジウムを企画したいと思います。また、「食生活ジャーナリスト大賞」を通して、JFJならではの情報を発信し、JFJの認知向上に取り組みます。どうぞよろしくお願いします。

田尻 顔写真

川畑 さおり(幹事:JFJ十大ニュース担当)

毎日新聞社 生活報道部 記者

今年度、幹事を務めさせていただくことになりました。
私たちの生活に欠かせない「食」。身近なものだからこそ、きちんと向き合い学んでいかなければならないと感じています。皆様のお役に立てるよう精一杯頑張ります。よろしくお願い致します。

山崎 毅(事務局長:会計記帳担当・幹事会記録担当)

NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS) 理事長、獣医学博士

食のリスクコミュニケーションをライフワークとしています。
JFJでは、消費者市民が食のベネフィットとリスクを正しく理解できるような食生活ジャーナリズムを目指しています。
「SFSS理事長雑感(http://www.nposfss.com/blog/)」、昭和35年広島市生まれ。

山崎 顔写真

加藤えり子(事務局:ホームページ更新担当)

幹事の皆さまに支えられて、10年目を迎えることができました。
今年度からは、会計業務のすべてを山崎事務局長がお引き受けくださることなり、感謝しております。その他の業務は変わらず行いますので、よろしくお願いいたします。