この度、食生活ジャーナリストの会(JFJ・会員数約160人)は28日、第3回「食生活ジャーナリスト大賞」(2018年度)の受賞者を決定しました。この大賞は2016年度に創設され、食に関する情報発信や食文化(食育、料理・調理、地場産業の振興、食文化の継承など)の分野ですぐれた活動や業績を残している個人または団体を顕彰するものです。「ジャーナリズム」部門と「食文化」部門の2部門において、以下の2人が受賞者に決まりました。

【大 賞】
「ジャーナリズム」部門
   畑中三応子氏 (食文化研究家) 

「食文化」部門
   寺本英仁氏 (島根県邑南町農林振興課 食と農産業戦略室)

詳細は、リリース文 (PDF) を参照してください。

代表幹事 小島正美

《授賞式 開催概要》———————————————————

名 称
第3回「食生活ジャーナリスト大賞」授賞式

日 時
3月8日(金)18時受付開始
18時30分~19時30分 授賞式(無料)
19時30分~20時30分 懇親会(会費5000円)

場 所
毎日パレスサイドビル9階
レストラン「アラスカ」(03-3216-2797)
 (東京都千代田区一ツ橋1-1-1、東西線竹橋駅下車)

懇親会の会費
5000円(食事と飲み放題付き)
 ※授賞式だけに出席する場合は無料です。

取 材
当日は報道関係者による取材も受け付けています。ぜひお越しください。
 (一般の方も、授賞式、懇親会のどちらにも参加できます)

申し込み
3月6日までに下記申込フォームにて、お申込みください。
 https://goo.gl/forms/THYKCg1L2NdzxMxj2

なお、お申込みWEB入力に不具合がある場合は、お手数ですが、
下記事務局までご連絡ください。
お問い合わせ
JFJ事務局
電話&FAX:042-554-3887
jfj-shoku@t-net.ne.jp