2017年6月7日 2017年度第1回勉強会のお知らせ

「食の安全・安心をどう伝えるか」

 ー豊洲移転、福島の農産物、遺伝子組み換え作物をどう考えるかー

築地市場の豊洲移転問題で「食の安全と安心」問題に関心が高まっています。
放射性物質のリスクにせよ、残留農薬にせよ、組み換え作物にせよ、科学的に安全だからといって、必ずしも消費者が安心するとは限りません。「安全なのに、安心できない」という状況で、どのようにリスク情報を流せばよいのでしょうか。
3人の専門家をお招きして、安全と安心の関係を徹底的に討論します。
ぜひ、ご参加ください。


《開催概要》———————————————————

テーマ
「食の安全・安心をどう伝えるか」
日 時
6月7日(水)18:30~20:30(18:15分受付)
会 場
千代田区立日比谷図書文化館4階「スタジオプラス」小ホール
講 師
山口 治子氏(国立医薬品食品衛生研究所)
堀口 逸子氏(食品安全委員会委員)
山崎 毅(「食の安全と安心を科学する会」理事長/JFJ幹事)
小島 正美(ファシリテーター/JFJ代表幹事)
参加費
1000円(JFJ会員は無料)
定 員
先着60名 ※定員となりましたので、受付を終了いたしました。
申し込み
JFJ事務局
電話&FAX:042-554-3887
jfj-shoku@t-net.ne.jp