2015年10月27日 2015年度第4回勉強会のお知らせ

「『Webと紙媒体』その違いと編集者の可能性」

 海外では、メディアの大型再編が加速し、ワシントン・ポスト紙がIT小売最大手の
アマゾン・ドット・コムの創業者に買収されました。
この例に限らず、いま欧米を中心に新たなメディアの経営陣は、紙媒体からWeb部門へ、
人員をつぎ込む戦略に方針転換しています。
一方、日本では紙媒体からWeb媒体への移行には、まだ厚い壁があるようです。

 そこで、第4回の勉強会では、紙媒体の「暮らしの手帖」編集長から、ユーザー数
5000万人を誇るWeb媒体クックパッド㈱に、この4月電撃移籍された
松浦弥太郎氏を招き、お話を伺います。
クックパッドでの新たなコンテンツ「くらしのきほん」の立上げ経緯、Web媒体の可能性、
「紙媒体は無くならない」と言われる理由、写真、文章ともに「質」に拘ることで成功した
Web媒体の事例紹介も交え、移籍し半年たったいま見えてきた、食メディアの将来の姿を
語っていただきます。                                               
ディスカッションの時間も設けていますので、皆さまふるってご参加ください。

講 師
クックパッド株式会社
くらしのきほん 編集長 松浦弥太郎氏
日 時
10月27日(火) 午後6時半~8時
場 所
東京ウィメンズプラザ 第一会議室
東京都渋谷区神宮前5-53-67
電話 03-5467-1711
参加費
1,000円(当日お支払いください)学生・会員は無料
申し込み
JFJ事務局
電話&FAX:042-554-3887
jfj-shoku@t-net.ne.jp