2012年7月30日 2012年度第3回勉強会のお知らせ

「食肉加工品の生産・消費動向」

~本場仕込みのハム・ソーセージを食べて学ぶ~

 朝食やお弁当、酒肴の食材としてすっかり定着しているハム・ソーセージ。品ぞろえが多様化している中で、例えば同じロースハムでも、100g当たり200円以下の低価格商品もあれば、その2~3倍の価格のものが店頭に並ぶなど、“二極分化”の現象も見られます。
 一方で、海外、特にドイツやスペインなどを旅行すると、日本のものとはひと味もふた味も違うハム・ソーセージを味わった経験をもつ人も多いでしょう。
 そこで、今回の勉強会は、おいしいハム・ソーセージの探求と、わが国における食肉加工品の生産・消費動向の検証をテーマにしました。
 会場は、ドイツのデリカテッセンさながらに、本場から移築したレストラン。講師に主要食肉加工メーカーで組織する社団法人日本食肉加工協会の南波利昭専務理事をお招きし、原料肉や流通業界の事情を含めた解説と業界の課題をうかがいます。さらに、国内の現役では10人ほどしかいないドイツ・フライッシャー(食肉)マイスターの小島豊さんにドイツにおけるマイスター制度、品質規格についてお話しいただきます。
 その後、本場ドイツ製法のハム・ソーセージを試食しながら、講師の方々もご一緒に、食肉加工品のおいしさについて意見交換・懇親を深める趣向です。
席に限りがありますので、ふるって、早めにお申し込みください(先着順)。

講 師
南波 利昭 氏 (社団法人日本食肉加工協会専務理事)
小島 豊 氏 (ドイツ・フライッシャーマイスター)
場 所
デリカテッセン ハンスホールベック
茨城県守谷市けやき台6-21-2
 電話 0297-46-0148
つくばエキスプレス守谷駅から 2.0km(徒歩20分、タクシー7分)
日 時
7月30日(月)16:00~19:00
集合:15:40 つくばエキスプレス守谷駅改札付近 その後タクシーで会場へ
<秋葉原発15:00つくばエキスプレス快速7駅 守谷駅着15:32分が便利>
参加費
2,000円(当日お支払いください)会員以外は3,000円
申し込み
JFJ事務局
 電話&FAX:042-554-3887
 jfj-shoku@t-net.ne.jp